トップ

仏門に入ると生活は変わる

生活の雑学を学ぼう

プライベート

得度を受けると変わる生活

仏門に入るために得度の儀式をすれば、俗世の生活と別れることになります。しかしながら、在家で出家する場合には事情が少し異なります。仏門に入ると俗世間とは全く違うことに戸惑うことがありますが、精神修養のために大切です。得度を受けると生活の中心は仏の世界となり、仏法を守ることが求められます。厳しい修行にも耐えて、一人前の僧侶になるまでに我慢する必要もあります。なんとか修行に耐えることができれば、立派な袈裟をまとって法要を行うこともできます。現在の世界でも僧侶は必要とされていますから、仏門の世界へ入ることは誇りとなります。

暮らしの中で得をする方法

同じ生活を送っていても、得をする人と、しない人の二種類に分かれてしまいます。それはどういうことかと言うと、いかに得をするかを考えている人は、たとえ数円のことでも、損をしない方法を選択しながら生活していますが、そうでない人はそんな差には無頓着なので、数円のことには見向きもしないからです。しかし、この数円の積み重ねが、いずれ大きなお金の積み重ねになってきます。例えば、ポイントカードのポイントです。そういうものを集めることに興味がない人は、ポイントを集めている人と比べたら、実質的には損をしているという意識を持つことが大事なのです。

新着情報

↑PAGE TOP